FC2ブログ

宇宙システム研究会のブログへようこそ

こんにちは!!

このブログは帝京大学 宇都宮キャンパスで活動している
「宇宙システム研究会」のブログです。


308入り口


  活動の詳細
   ・顧問の先生方
    河村 政昭   准教授
    平本隆    学科長
    中宮賢樹   講師
    鶴田佳宏   講師
    久保田弘敏   研究支援者
    橋本英一   研究支援者

   ・活動内容
    超小型人工衛星TeikyoSatの開発
    ハイブリッドロケットなど

   ・活動日
    いつでも活動中(定期MTGは毎週月曜日)

   ・活動場所
    航空宇宙工学科棟 308 宇宙システム研究室
    

20140210-0004.jpg

H-ⅡAロケット 23号機に搭載されたTeikyoSat-3

衛星分離

TeikyoSat-3がロケットから分離された様子

無題

TeikyoSat-4が革新的衛星技術実証3号機に選定されました(2020.05.29)

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 短大・大学
ジャンル : 学校・教育

ミッション系②

こんにちは、プロジェクトマネージャーの杉本です。
今回は、ミッション系の撮像システムについてです。
メインミッションはキイロタマホコリカビの成長過程を見るために、1シャーレにつき3個のカメラを搭載し、冗長のために2シャーレをミッションモジュールと呼ばれる衛星の中の実験室に搭載しています。


・1つ目が、子実体用カメラ
20200803ミッション1
キイロタマホコリカビの生活環
(前田靖男:パワフル粘菌、東北大学出版会、2009
上の図の赤い部分の撮影を2方向から行います。地上に送られた画像から、微小重力下が子実体に与える影響を観察します。

・2つ目が、高倍率カメラ
20200803ミッション2

キイロタマホコリカビの生活環
(前田靖男:パワフル粘菌、東北大学出版会、2009
上の図の特に、集合可能細胞、ストリーム、マウンドの移動速度を観察するために、使用します。

このように、一つのシャーレを3方向から目的別に撮影をして、地上と微小重力下の検証を行います。
今日はここまでです。

TS4の更なる情報を知りたい方は、8月9日(日)に帝京大学宇都宮キャンパスのオープンキャンパスがありますので、そちらに参加していただければと思います。
(7月19日(日)、8月2日(日)の募集は終了してしましましたが、当日の飛び入り参加は可能です!)

姿勢制御系

こんにちは。姿勢制御系メンバーの吉田です。

今回はTS4姿勢制御系についてお話ししたいと思います。

姿勢制御系は、TS4から新しく発足された系です。
TS4は通信方式に高速通信(1.2GHz帯・5.8GHz帯)を使用します。
高速通信帯の電波は直進性が強いため、衛星の姿勢がずれてしまうと高速通信可能域から外れてしまい、地上局との通信が出来なくなってしまいます。(下図参照)
それを防ぐために、衛星の姿勢を制御する必要があります。
姿勢系_ブログ_画像1
姿勢系_ブログ_画像2

その他、
・メインミッション時、衛星自体の回転を抑制する。
・太陽電池から安定して電力を供給する。
などをする必要があり、その為の開発を行っています。


TS4の更なる情報を知りたい方は、8月2日(日)、9日(日)に帝京大学宇都宮キャンパスのオープンキャンパスがありますので、そちらに参加していただければと思います。
(7月19日(日)の募集は終了してしましましたが、当日の飛び入り参加は可能です!)

次回はミッション系についてお話させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

通信系

こんにちは。
通信系メンバーの金子です。
今回はTS4通信系についてについてお話ししたいと思います。
通信系は主に衛星に搭載するアンテナや地上局設備などの開発・整備などを行う系です。
衛星は遠く離れた場所を飛ぶことになるので、遠隔での情報のやり取り、操作等をしなければならないことから、アンテナと呼ばれる電波を出す器具や通信機を製作・整備する必要があります。
また、衛星が出した電波を受け取ったり衛星に指示を与えたりする設備を製作・整備する必要もあります。
さらに、それらが使えるように関連する機関のなどとの調整なども行っています。

簡易図

簡易的な図


TS4のさらなる情報を知りたい方は、帝京大学宇都宮キャンパスオープンキャンパス各種イベントなどがありましたら参加していただければと思います。

Twitterなどで最新情報を発信しておりますので興味のある方は是非覗いてみてください。
 Twitter  → URL

今回はここまでです。次回は姿勢系についてお話しさせていただきたいと思います。

ありがとうございました。

ロケット班について

こんにちは.部長の青木です.

今回はロケット班についてお話ししたいと思います.

ロケット班は2016年に発足した比較的新しい活動です.
主にモデルロケットの製作と,ハイブリッドロケットの設計製作を行っています.

モデルロケット製作では毎年1年生に筑波宇宙センターで行われる全国大会を目指してユニークなロケットを製作しています.ロケットの高度や滞空時間などを競いますので,ものづくりを通してロケットの仕組みを学ぶことが出来ます!

ハイブリッドロケット製作は,2019年度から本格的に始動しました.現在は部員一同試行錯誤しながらロケットのエンジンを製作しております.こちらは勉強しながらドンドン盛り上げていきたいと思ってますので興味がある方は宇宙システム研究会のツイッターやこちらのブログまでお声掛けいただければと思います!!

私たちと一緒にロケットを飛ばしましょう!

モデロケ写真

宇宙システム研究会twitter → https://twitter.com/SpaceSystemSoc_

それでは.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

宇宙システム研究会(SpaceSystemSociety)

Author:宇宙システム研究会(SpaceSystemSociety)
-----------------------------
50kg級衛星開発・ロケット開発を行っている工学系クラブです。活動は毎週月・火曜日と随時に帝京大学宇都宮キャンパス航空棟の308号室で行っています。よろしくお願いします。
-----------------------------

訪問者数
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR